無料で読める漫画アプリおすすめ3選

ゴールデンカムイ【第189話】「血痕」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『ゴールデンカムイ』の第189話についてネタバレ紹介!

また『ゴールデンカムイ』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『ゴールデンカムイ』第189話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」は電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

『U-NEXT』では人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『ゴールデンカムイ』第189話のネタバレ

樺太から大陸に続く猛吹雪の中で鯉登少尉と月島軍曹は倒れている谷垣を発見して近づく。

血まみれの谷垣に二人は誰にやられたのかと問い、血まみれの谷垣はキロランケであると二人に答えた。

月島軍曹は銃床にも関わらず起き上がろうとする谷垣を制止し、自分たちがキロランケの後を追うと言い聞かせる。

付近を観察していた鯉登少尉は、雪の上に点々と続く血痕を確認し、谷垣からキロランケが重傷を負っていると聞かされるその先にキロランケがいると確信する。鯉登少尉は腰の軍刀を抜いて月島軍曹を促し、二人は先の血痕を辿ってキロランケの追跡を開始した。

すると今度は地面に落ちている小銃に出くわし、それが谷垣の小銃だと判断した鯉登少尉は、思わず拾い上げてしまう。

その小銃の引き金の部分には紐状のモノが巻き付けられており、かすかな音と共に爆弾に点火してしまう。

すぐにそれが罠だと気付いた月島軍曹は鯉登少尉の方へ手を伸ばし爆発から庇おうとするが、間に合わず轟音とともに二人の体は爆発で吹き飛ばされた。

逃げるキロランケも自身が仕掛けた爆弾の音だと気付き、また別途追いかけている杉元と白石もこの爆発音に異常を察知し警戒を強める。

何とか自力で起き上がった鯉登少尉は仕掛け爆弾だったと遅まきながらにに理解するが、自身がほぼ無傷だったことに比べ、横に倒れている月島軍曹は頭から血を流し意識はあるもののかなりの深手を負っていた。

これを見た鯉登少尉はキロランケに対して逆上し、月島軍曹が止めるのも聞かず、一目散に一人で血痕の後を追う。しかし少し行くと血痕は途切れており、手掛かりを失った鯉登少尉は再度付近に目をこらしキロランケの痕跡を見つけようとした。

この隙をついて鯉登少尉のの背後から小銃を構えたキロランケが忍び寄るが、ここで偶然地面の氷の隙間からアザラシが顔を出し、一瞬キロランケがそっちに目を向けたところに鯉登少尉が軍刀を振りおろした。

鯉登少尉の軍刀はキロランケの小銃の銃口を跳ね上げて発砲を躱し、続く第二撃めを繰り出す。しかしこれをキロランケは小銃の銃床で受け止め、軍刀の動きを封じると顔面にパンチを繰り出した。

殴られた鯉登少尉も負けじとパンチで応戦、腰の短刀を抜いたキロランケはそれで鯉登少尉を刺そうとする。しかし鯉登少尉は敢えて自身の右手を刺させ、今度はその短刀をキロランケから左手で奪い、深々と喉に突き刺した。

一方でアシリパと合流できた杉元は、網走監獄で自分とウィルクを狙撃したのは尾形であり、更にその指示をしたのがキロランケで、しかもインカラマッを刺したのも同様だと語る。

アシリパは同様の事を尾形にも聞かされたと答えつつも、何故キロランケがそんなことをしたのか直接確認したいと述べた。

そこでアシリパは全てを知るのはソフィアだと思い至るが、ソフィアはその頃単独で逃亡しており、持っていた双眼鏡で何かを確認するとその方向に向けて一目散に走りさって行った。

『ゴールデンカムイ』第189話の感想

このエピソードの主役は、薩摩示現流の遣い手・鯉登少尉しかいないと感じます。

月島軍曹の負傷に本気で激怒したこの薩摩隼人は、小銃に対しても臆することなく軍刀で向かっていきました。

仕掛け爆弾を得意とするキロランケに翻弄されて、逃げられてしまうかと思いきや、自身の右手を犠牲にしてでもキロランケを倒す覚悟をみせてくれました。

しかも接近戦でも戦闘能力の高さを発揮し、先に短刀で刺されたことを逆手にとって見事にキロランケに反撃を加えたシーンは圧巻でした。

アシリパも杉元と再開し、キロランケが味方ではない現実を突きつけられましたが、幼小の頃から親しくしていた人物だけにすぐにはなぜそんな事をしたのか理解できない様子が見ていて切ない感じがしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です