無料で読める漫画アプリおすすめ3選

ゴールデンカムイ【第191話】「故郷の水」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『ゴールデンカムイ』の第191話についてネタバレ紹介!

また『ゴールデンカムイ』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『ゴールデンカムイ』第191話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」は電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

『U-NEXT』では人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『ゴールデンカムイ』第191話のネタバレ

月島軍曹や谷垣、鯉登少尉との戦闘で深手を負い、そのまま遺棄を引き取ったキロランケ。

白石はそんなキロランケやアシリパとこの樺太までの旅路を噛みしめながら、その遺体を埋葬すべく地面の氷を割る。

その氷を抱えた白石は、それがキロランケらの故郷に繋がるアムール川の水が凍ったものだとかってキロランケに教わったと呟き、遺体の顔に自身の手をかざし目を閉じさせた。

そしてアシリパ・杉元・谷垣・月島軍曹・鯉登少尉らが無言で見つめる中、キロランケは真面目すぎたのだと、その死を悼む。

アシリパは父・ウィルクの死の原因を直接キロランケに問い糾したかったと呟き、やはりウィルクがアイヌを殺害して金塊を強奪したのかと漏らした。

しかし網走監獄でウィルクと最後に言葉を交わした杉元は、本人がそれを否定したとアシリパに伝え、彼女を安心させようとする。

アシリパは目を輝かせてその言葉を聞き、ソフィアであれば全ての事実を知っているに違いないと、あたりに彼女の姿を探したが見当たらない。

キロランケとの戦闘で首を負傷した様子の月島軍曹は片膝をついてその場にかがみ込み、これを心配した鯉登少尉はその負傷から谷垣に背負えないかと相談した。

アシリパはキロランケとソフィアが大量の文通をしていたと語り、更に彼女の姿を探す。これに杉元も双眼鏡で付近を観察し、そこで灯台の娘であるスヴェトラーナの姿を発見した。

ここでアシリパは人影が見えると叫び、その方向を指さす。アシリパと初対面の鯉登少尉だが彼女を確保する任務を帯びていること、それを承知で杉元もここにいると注意し勝手な行動をしないようにと釘を刺そうとした。

しかしアシリパと杉元はこれをスルーして人影があったと思しき方向に走り出す。杉元とアシリパはが人影に近づくと、何やらもめているような声が聞こえ、更に近づくと一人の男が2人の男から棍棒と氷で殴られていた。

殴られている男に後ろ姿を見てそれが岩息だと気付いた杉元は、その場を去ろうとするが一足遅く逆に就いてこられてしまう。

しかし岩息は月島軍曹を軽々と抱えて杉元らに強力した。杉元も負傷している尾形を背負いながら、彼らを亜港まで運んでソフィア探しに戻る事をアシリパに提案するが、アシリパは何れソフィアは自分を探しに来るとその申し出を断わる。

杉元らが去った後、キロランケの遺体の元を訪れたソフィアは手を合わせて別れの挨拶を述べ、自分を待つ仲間達と去って行った。

杉元はアシリパに預かっていたマキリを返し、北海道に帰ろうと促す。

場面は北海道の登別温泉へと飛び、そこは第七師団指定の療養地でもある温泉であり、その打たせ湯には宇佐美と二階堂の姿があった。二人の前に先に到着していた菊田特務曹長が姿を現し挨拶を交わした。

菊田特務曹長は自身の配下である有古一等卒がこの更に奥の温泉地で見たという、真っ暗なの雪山の中を灯りも無しに下駄で歩いていたという男の話を投げかける。

『ゴールデンカムイ』第191話の感想

今回のエピソードでは、杉元、谷垣、月島軍曹、鯉登る少尉らがキロランケを危険で凶暴な敵として認識していたのに比べ、ここまでの樺太の旅路を過ごしてきた知ら白石だけは、単なる悪人ではなく、むしろ真面目すぎる男だったのだと深くその死を悼むシーンが印象的でした。

アシリパも父・ウィルクの死についてはキロランケに疑念をかかえていたものの、人物そのものについては同じく憎んではいなかったと見えました。

全てを知っているであろうソフィアも見失い一先ず北海道に帰ることにした杉元とアシリパには、しかしそうは言いつつ希望が芽生えていたように思えます。

物語の次の展開として絡んで来るでくるであろう登別温泉での描写もあり、次の入墨人皮の囚人に繋がる伏線ではないかと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です