無料で読める漫画アプリおすすめ3選

鬼滅の刃【第181話】「大災」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『鬼滅の刃』の第181話についてネタバレ紹介!

また『鬼滅の刃』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『鬼滅の刃』第181話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」の最新話を完全に無料で読める漫画アプリについて調べたところありませんでした。

やはり人気の漫画だけあって無料で読み放題というわけにはいかないようです。

電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『鬼滅の刃』第181話のネタバレ

待機命令が間に合わず、多くの若い隊士達を死なせてしまったことに産屋敷輝利哉はショックを受けていた。
輝利哉は全てを自分が采配をしくじってしまったせいであると、責任を感じるあまり動きを止めてしまう。

しかし同じ場で輝利哉と共に采配をフォローしていた妹二人が輝利哉に声をかけ、そして頬を強く叩く。
戦いはまだ終わっておらず、指示が必要なのだと妹が輝利哉を叱責すると、輝利哉は父たちがこれまで受けてきた重圧を思い返し、叩かれて大きく腫れた頬を押さえて采配に戻るのだった。

輝利哉が口から血を流しながらも出す指示は落ち着きが戻っており、鎹鴉によってすぐに柱たちへと伝えられる。
輝利哉は自分に冷静さを取り戻させてくれたかなたとくいなの妹二人に、礼を言うのだった。

復活した無惨の元へ集結せよという鎹鴉からの指示は柱たちに伝わるが、時透や玄弥が命を落としながらも上弦の壱を倒したことに対して自分はまだ何もしていないと感じていた伊黒は、その前に空間を操り移動の邪魔をする鳴女の血鬼術に脅威を感じ、それをどうにかしなければならないと考える。
鳴女の元へ向かっていた甘露寺も、鎹鴉からの指示に鳴女を放って集結するべきか戸惑いを見せていると、突然、後ろから伸びた何者かの腕に服を掴まれる。

そしてまた鳴女による琵琶の音が周囲に鳴り響くと、組み替えられた空間は炭治郎と義勇二人と、無惨を繋いだ。
二人を目の前にしても無表情のままの無惨。
突然目の前に現れた無惨の姿を見て炭治郎の心臓は大きく鳴り、呼吸は荒くなっていく。
炭治郎の脳裏には殺された家族、鬼にされた禰豆子、死んでいった鬼殺隊の仲間たちの姿が浮かぶ。
炭治郎は刀の柄を強く握り、その顔には怒りの相が見る見ると現れていく。

その横で義勇は静かに、炭治郎へ落ち着くように言う。
しかし義勇の形相もまた、炭治郎と同じく無惨を目の前にして怒りを抑えきれずにいるようだった。

そんな二人を目の前にしながらも無惨は表情を変えぬまま、しつこいと一言、言い放つ。
無惨はそのまま襲い掛かる気配も見せずに立ったまま炭治郎たちのしつこさに心底うんざりしたと語りはじめる。
いつも馬鹿の一つ覚えのように、誰々の仇と言っては自分に襲い掛かってくるのだと。

その淡々とした語り口に呆然とする炭治郎たちに、無惨は生き残ったのだからそれで充分だろうと無表情で告げる。
唖然とする炭治郎たちに無惨は続ける。
身内を殺されたからといって、自分は助かったのだからそれを幸運と思って元の生活を続ければいいのだと。
自分に殺されるのは大災に遭うのと同じなのだから、災害に復讐を考えるほうがおかしい、それよりも死んだ人間が生き返ることは無いのだから、その先を静かに暮らしていくほうが良いだろうと説くのだった。

すると無惨の言葉に唖然としていた炭治郎の顔から、さらに表情が消えさる。
炭治郎は大きく目を見開いたまま無表情で、無惨を存在してはいけない生き物だと、ただ無惨に告げるのだった。

『鬼滅の刃』第181話の感想

復活した無惨にまず対峙するのは炭治郎と義勇ということになりました。

そして前回では人間に見切りをつけたかのように鬼狩りの殲滅を宣言した無惨でしたが、今回ではさらにその心情について掘り下げて語られます。

曰く、自分は災害と同じ存在なのだから、恨み、復讐を考えるよりも、生き残ったことに感謝してこの先を平穏に暮らすことを考えたほうが良いだろうと。

確かに災害と捉えるならば一見正論のようにも思える話です。
ですが人間の延長にある存在として考えれば、何とも傲慢な言い草。
まして愛する者達を殺されている炭治郎や義勇からすれば看過できるはずもない。

しかし最後の炭治郎の無表情は、さらにそれ以上のものも示唆しているように思えました。
炭治郎曰く、無惨は存在してはいけない生き物。
埋めようがない鬼と人間の感性の違い。
この絶対悪としての鬼の存在が、この作品の大きなテーマの一つのようにも思えます。

 

『鬼滅の刃』第181話のネタバレと感想 まとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です