無料で読める漫画アプリおすすめ3選

鬼滅の刃【第182話】「激怒」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『鬼滅の刃』の第182話についてネタバレ紹介!

また『鬼滅の刃』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『鬼滅の刃』第182話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」の最新話を完全に無料で読める漫画アプリについて調べたところありませんでした。

やはり人気の漫画だけあって無料で読み放題というわけにはいかないようです。

電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『鬼滅の刃』第182話のネタバレ

炭治郎は自分の腹の底まで厭悪が渦巻いているのを感じていた。
目の前に無表情で佇む鬼舞辻無惨という存在。生き物に対してここまで冷たい気持ちになるのは炭治郎にとって初めてのことだった。

炭治郎は冷静に無惨を倒す方法を考えはじめる。
無惨は他の鬼とは違い、頸を斬るだけでは倒すことができないので、太陽が昇る夜明けまで時間を稼がなければならない。
そのために仲間の到着を待って、それから攻略法を探っていくという指令が下っていた。

全員の力で無惨を攻略していくためには、当たる人間が少しでも無惨の情報を引き出して、共有していく。
それには無惨に攻撃を仕掛け、かつ時間を稼ぎ、そしてできるだけ長く生き残らなければならない。
長い戦いのはじまりだった。

表情を変えないままの無惨が無造作に腕を伸ばすと、その腕は無数の刃を持った鞭のように何倍にも伸び、炭治郎たちに襲い掛かる。
義勇は”凪”で何とか無惨の腕を阻止するが、その速さに驚き、炭治郎も異様な間合いの長さにおののいて、目で見るのではなく感覚だけで避けるしかない。
そして無惨の腕をかいくぐりながら間合いに入り、いけると感じた瞬間、炭治郎の視界が不意に傾き、床へと倒される。
炭治郎はその瞬間に右目も奪われていた。

倒れ込んだ炭治郎を義勇が抱え、再び距離を取る。
義勇は無惨に上弦の鬼とは比べ物にならない力を感じ、無理に間合いを詰めないよう炭治郎に言う。

しかし無惨は時間稼ぎの狙いを既に見抜いており、夜明けまでそれで持つのかと淡々と二人に問いかける。
それは柱三人でも可能なのかと。
その言葉に炭治郎と義勇が反応する。無惨は柱が残り三人しかいないと言ったのだ。

伊黒と甘露寺の二人は既に鳴女によって殺されていると無惨は告げた。
鳴女と視界が繋がっている無惨の目には、鳴女によって殺された伊黒と甘露寺の姿が映っていた。

無惨の攻撃はなおも続く。
鞭のようにしなる長い腕によって義勇と炭治郎は再び引き離されるが、片目を潰された炭治郎は義勇の足手まといになってはならないと、自らが得意とする嗅覚に頼って回避しようとする。
しかし無惨の攻撃が早すぎて息が続かず、距離を取って逃げるしかない炭治郎は壁に後頭部をぶつけてしまう。
集中するあまり周りが見えていなかったのだ。

倒れ込んだ炭治郎に無惨の腕が襲い掛かったその時、無惨の頭上から天井を突き破って甘露寺が現れる。
死んだはずの甘露寺が現れたことに無惨が動揺を見せると、次は伊黒が現れて倒れた炭治郎を抱え込んで助ける。
伊黒は炭治郎に足手まといだと冷たく言い放つが、伊黒と甘露寺の無事に涙する炭治郎に少し驚くのだった。

死んだはずの甘露寺と伊黒がいることに無惨は怒りをあらわにして鳴女を呼ぶ。
しかし呼ばれた鳴女の頭は愈史郎の両手によって押さえられていた。愈史郎が鳴女の視覚を操っていたのだ。

愈史郎は涙を流しながら叫ぶ。
無惨は自分から珠世を奪うというこの世で最も重い罪を犯したと。
そしてこれから無惨を地上へ叩き出すのだと。

『鬼滅の刃』第182話の感想

最後、オイシイところで愈史郎の登場です。
無惨の元へ向かおうとする甘露寺を止めた腕は愈史郎のものだったんですね。
他の鬼とは違い、珠世によって作られた愈史郎は無惨の支配下になく、珠世を至上とする存在です。
珠世を失った悲しみや怒りには相当のものがあり、それが事実、復活以後の無惨の余裕の表情を初めて変えてみせました。

愈史郎はこのまま無惨を地上へ叩き出すと言っています。
鳴女は空間を動かす力を持っていますから、視界だけではなく空間も操る算段を愈史郎は持っているのではないでしょうか。

そこへ甘露寺、伊黒という二人の柱の合流ですから、ここで悲鳴嶼と不死川を除いた三柱の協力体制が整いました。
炭治郎が片目を失ったというのはかなりショッキングで痛手ですが、少し希望が見えてきた気がしますね。

 

『鬼滅の刃』第182話のネタバレと感想 まとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です