無料で読める漫画アプリおすすめ3選

鬼滅の刃【第189話】「心強い仲間」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『鬼滅の刃』の第189話についてネタバレ紹介!

また『鬼滅の刃』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『鬼滅の刃』第189話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」の最新話を完全に無料で読める漫画アプリについて調べたところありませんでした。

やはり人気の漫画だけあって無料で読み放題というわけにはいかないようです。

電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『鬼滅の刃』第189話のネタバレ

禰豆子が炭治郎のもとへ走り続ける中、無惨が地上へ姿を現した現場では鬼殺隊の”隠”たちが一般市民の誘導に追われていた。

隠たちは自分たちを地盤沈下の調査隊とし、地盤沈下が起きて危ないから避難するようにと言うのだった。

通行止めより内側ではあちこちで建物が崩落していたが、一般人で巻き込まれた者はいないようだった。

そんな中で猫の鳴き声を聞いた隠が、崩落した瓦礫に猫が挟まれているのを見つける。

背中に何かを背負っている猫は助けられるとすぐに飛び出し、隠が止めるのも構わず、無惨がいる方向へ走り去っていくのだった。

柱たちは無惨と戦いながら、戦い方を少しずつ変えていく。

無惨の腕を斬り落とした後にすぐに蹴り上げ、即再生を阻む。

しかしそれでも無惨の驚異的な再生速度の前では大した時間稼ぎになっていなかった。

無惨の触手には無数の牙を持った口が開いており、その吸息によって体が引き寄せられてしまう。

甘露寺が攻撃を受けたのもそのためだった。

範囲が広い上に、吸い込まれないよう大きな動きが必要になるため通常の何倍もの体力が奪われる。

伊黒は苦戦しながらも、自分たちを庇って命を失った仲間たちのために、命を削りながら日の出までの時間を一秒でも稼いでいく。

義勇は触手に当てた刀を弾かれ、刀を手放してしまう。もう握力が限界に来ていた。

無防備な義勇に鞭のようにしなる無惨の触手が襲い掛かろうとしたその時、悲鳴嶼の鉄球と伊黒の剣技が触手を破壊して義勇を守る。

刀を投げ返す不死川の罵倒に義勇は気を取り直し、再び刀を握って”流流舞い”を放つ。

またあらためて水柱として恥じない戦いを決心する義勇だった。

一方で無惨は頭の中で冷静に残り時間を計算していた。

夜明けまでは一時間十四分。

柱たちは無惨が思っていたよりも粘っているが、もう間もなく全員が力尽きることを予感していた。

それは柱たち自身も同じで、もはや体が限界に達し、夜明けまで持たないことを全員が感じはじめている。

その時、無惨たちの前に猫が飛び出てきた。

隠たちが救ったあの猫だった。

猫が背負っていた箱が開くと、その中の装置には液体の入ったシリンダーのようなものが装着されており、箱の開放と同時にシリンダーが四方に発射される。

不意を突かれた柱たちは避けられず、そのシリンダーを体に受けてしまう。

無惨はすかさずその猫を八つ裂きにするが、突然の乱入者に驚きを隠せない。

すると、シリンダーを受けた柱たちの傷が見る見るうちに回復していく。

傷だけでなく、激痛や脈の狂いも格段に収まっていた。

柱たちにはなぜ猫がそんなことをしてきたのか理由が分からなかったが、夜明けを前にして尽きかけてきた体力が復活したことに感謝する。

無惨はそれを珠世の手によるものだと見抜き、死してもなお自分を邪魔する珠世に怒りを爆発させる。

無惨の攻撃をかわしながら伊黒は、自分が未だ誰よりも戦果を上げていないことに焦っていた。

そして非力な自分がかんざし一本で堅牢な座敷牢を脱出できたように、生命の危機に瀕した生物が爆発的な力を出すことを思い返す。

時透も死の間際に白刀を赫く染め、違う色であっても赫刀が可能であることを示した。

鎹鴉の報告から、刀を赫くするにはただ強く刀を握ることのみと考えた伊黒は、ただひたすらに命を込めて刀を強く握りしめた。

『鬼滅の刃』第189話の感想

久しぶりに戦場以外の場所が描かれました。

こうやって隠たちが市民を誘導して、世間からは鬼殺隊の存在などを隠していたんですね。

そして隠たちが偶然助けた猫。

まさかこれが後になって効いてくるとは。

もしこの猫が瓦礫から脱出できなかったら柱たちの体力は持たなかったかもしれませんから、隠れた大手柄です。

猫はあっさり八つ裂きにされて可哀想すぎますが、この猫はこれまでもずっと珠世の傍にいた猫なんですよね。

だから珠世の傍に行けて本望かもしれませんし、もしかしたら猫も愈史郎と同じように珠世に鬼にされていて、まだ死んでいないかも?

猫によって戦いはまた振り出し近くに戻すことができましたが、それはつまり柱たちによる息の詰まるような攻防がまだ続くということでもあります。

伊黒が何か攻略のヒントを得たようですが、次はどうなるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です