無料で読める漫画アプリおすすめ3選

鬼滅の刃【第191話】「どちらが鬼か」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『鬼滅の刃』の第191話についてネタバレ紹介!

また『鬼滅の刃』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『鬼滅の刃』第191話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」の最新話を完全に無料で読める漫画アプリについて調べたところありませんでした。

やはり人気の漫画だけあって無料で読み放題というわけにはいかないようです。

電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『鬼滅の刃』第191話のネタバレ

意識がないまま倒れている炭治郎へ何本も注射を打つ愈史郎に、周囲の村田ら隊士たちは炭治郎の身を心配する。

しかし愈史郎は現在の炭治郎が無惨の攻撃を受けてからかなり時間が経っていることからかなり厳しい状態にあると判断しており、村田たちの心配を厳しく否定する。

そして村田は炭治郎から刀を離してやろうとするが、炭治郎は無意識ながらすごい力で刀を掴んでおり、全く離そうとしない。

それを見て愈史郎は炭治郎にまだ戦いに向かう意志があるのだろうと言う。

炭治郎に脈が戻ってくるのを他の隊士が感じる。

まだかなり弱いが、確かに脈が戻ってきている。隊士達は炭治郎の名を呼び、戻ってくるように口々に声をかける。

だが呼びかけも虚しく炭治郎の脈は再び弱っていく。

愈史郎も諦めかけたその時、無惨が逃げてしまうという村田の掛け声に反応したのか、周囲でギシギシと異様な大きな音が響きはじめた。

惑う隊士達に愈史郎は、それが刀から発せられていると言う。

炭治郎に強く握られたその刀が、大きな音を発していたのだ。

と同時に、炭治郎の目が大きく見開かれる。

赫刀となった悲鳴嶼の攻撃はすさまじく、無惨の肉体をはじけ飛ばしていく。

その勢いに遠巻きに見ていた隠もついに無惨を倒せるのではないかと期待を持ち始める。

赫刀と札などにより戦況は徐々に鬼殺隊が盛り返してきており、悲鳴嶼はその余裕を利用して集中し、透き通った感覚で無惨の肉体の透視を試みる。

すると無惨の身体には脳と心臓が多数あることがわかり、悲鳴嶼は驚愕する。

それが無惨が頸を斬られても死なない理由だった。

その上、その脳と心臓は常に移動しているため位置を定めるのが難しく、攻撃も容易に当てることができなかった。

しかしそこで悲鳴嶼はさらに考えを巡らせ、自分と同じように無惨の身体を透視することができる人間が他にもいて、同時に七つの心臓と五つの脳を攻撃することができるならば倒すことは可能

ではないかという結論に至り、伊黒に向かって叫ぶ。

伊黒に限らず、誰か無惨の身体に注視し集中しろと悲鳴嶼が叫ぶと、伊黒にも一瞬だが無惨の身体が透けて見えた。

だが次の瞬間。

遠巻きに見ていた隠には何が起きたのかわからなかったが、これまでとは違う奇妙な音と揺れの後に、無惨の周囲から柱たちの姿が消えていた。

戸惑う隠が陰からわずかに顔を覗かせると、その傍には建物を深くえぐり、片足を失って倒れる悲鳴嶼の姿があった。

他にも不死川、義勇、伊黒、伊之助、善逸、それぞれが者によっては体の一部を失い、遠くの壁にたたきつけられていた。

唯一、無惨の目の前で立ち尽くすカナヲに無惨の腕が振り下ろされようとした時、ヒノカミ神楽”輝輝恩光”が無惨の目の前で炎を上げる。

振り上げた無惨の腕は斬り落とされ、切り口は赫く焼かれていた。

無惨が目を向けると既にカナヲの姿は遠くにあり、そこには緑の羽織を着た隊士がいる。

無惨はその姿を見て、何という醜い姿であるか、これではどちらが鬼かわからないと呟いた。

その視線の先にいた炭治郎は、潰された片目が醜く膨らんだ肉塊に覆われ、もう片方の目は大きく見開かれ、血走っている。

しかし炭治郎は無惨の言葉も意に介さず、終わりにしようとだけ静かに言い放つのだった。

『鬼滅の刃』第191話の感想

ここまで一時の不利から戦況を盛り返してきていた鬼殺隊でしたが、やはりと言うか、無惨の逆襲に遭ってしまいました。

それも何らかの逆転のきっかけや理由があったというのではなく、ただ漠然と力で押し返すという理不尽なほどの圧倒的な力。

これだけで四人の柱と三人の隊士が一瞬で弾き飛ばされ、中には腕や脚を奪われた者まで出てしまいました。

絶句するというか、やはりこれまで本気を出していなかったということなのでしょうか。

赫刀に透き通る世界まで、かなり無惨の追い込みにリーチをかけている状態のように思えていたので、この逆転のあっけなさには唖然とさせられます。

鬼の始祖恐るべしですね。

ですがここにきて炭治郎がヒノカミ神楽と共に大復活。姿が変わっていますが、その分なにかに覚醒しているような雰囲気もあり、どのような活躍を見せてくれるのか期待大ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です