無料で読める漫画アプリおすすめ3選

鬼滅の刃【第195話】「めまぐるしく」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『鬼滅の刃』の第195話についてネタバレ紹介!

また『鬼滅の刃』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『鬼滅の刃』第195話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」の最新話を完全に無料で読める漫画アプリについて調べたところありませんでした。

やはり人気の漫画だけあって無料で読み放題というわけにはいかないようです。

電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『鬼滅の刃』第195話のネタバレ

緑壱と会った時の記憶を思い出す無惨。

初めて緑壱を見た瞬間、無惨は彼を弱いと思ったのだ。

緑壱には覇気も闘気も憎しみもない・・・。

何も感じ取れない。

しかし、そんな男が自分を切り刻み首をはねるなど・・・無惨は夢にも思わなかった。

さらに緑壱がつけた傷は数百年経った今でも、無惨の身体をむしばみ続けている。

本当の化け物はあの男・・・。

緑壱を思い出し、無惨はそう思う。

自分ではない・・・と。

一方、無惨の限界を感じ取り、攻め込む炭治郎。

緑壱がつけた傷が浮かび上がった無惨の身体を見て、弱っていると感じているのだ。

仲間が命を賭けて繋いでくれたからこそ、無惨をここまで追い込めた。

必死に戦う炭治郎は、絶対にやり遂げると誓う。

そんな炭治郎だが、無惨の攻撃に押されることで透明な世界が見れなくなっていた。

それでも正確に心臓と脳を狙うことが出来るのは、緑壱のお陰だ。

緑壱のつけた傷の下に、心臓と脳が隠されている。

傷の下に隠された急所を攻める炭治郎だが、1人では太刀打ち出来ない。

一緒に戦う伊黒は目を負傷しており、自身の力を存分に発揮できていない状況。

そこで炭治郎は愈史郎の〝目〟のことを思い出す。

愈史郎の作る特殊な札は、他の人と視覚を共有することが出来る。

その札を使って伊黒の視覚を蛇の鏑丸と共有し、2人で無惨を倒そうと考える炭治郎。

炭治郎がそう考えると同時に、カラスが夜明けまでの時間を告げた。

 

夜明けまでは・・・後四十分・・・!!

しかし、夜明けまでの時間を知った無惨は予想外の行動に出る。

その場から・・・逃げたのだ!!

共に戦う伊黒に、無惨の逃亡を伝える炭治郎。

自分に背を向ける無惨を見て、炭治郎は後悔する。

無惨は生きることだけに固執する生命体。

自分の命が危険になれば、一切の躊躇もなく逃亡を選ぶ。

体力が限界に近い炭治郎から、どんどん離れていく無惨。

このままでは逃げられる・・・。

そうすれば皆の命が、努力が無駄になってしまう・・・。

そう感じて焦る炭治郎は、無惨の行動に怒りを覚えた。

無惨は向かう先にあった鬼殺隊員の亡骸を、踏みつけながら進んだのだ。

死んでいった仲間たちを侮辱された炭治郎は、仲間たちの刀を手に取る。

その刀を無惨に向かって投げる炭治郎。

刃は無惨に突き刺さり、動きを鈍らせる。

炭治郎の投げる刀を振り払いながら、身体に刀が突き刺さることへの危険性を感じる無惨。

無惨の体力は、それ程までに低下していた。

なんとか飛んでくる刀を躱す無惨だが・・・無惨に刀を突き刺す伊黒!!

突き刺した刀の刀身は、朱く染まっている。

管で伊黒を攻撃しようとするが、その管を切り裂く炭治郎。

衝撃で吹き飛ばされた伊黒に、炭治郎は愈史郎の札を投げた。

無惨は投げた札を振り払うが、吹き飛ばされた札を鏑丸がキャッチし、視覚の共有に成功。

これで格段に戦いやすくなった伊黒は、炭治郎と共に無惨を挟んで攻撃する。

二人の攻撃を受けることに必至になり、逃亡できなくなる無惨。

無惨は遂に息切れし始める!!

体力の限界は近い・・・!!

一方、激闘を繰り広げる炭治郎たちを遠くから見つめるのは禰豆子。

右目を掌で覆う禰津豆子が手を下ろすと・・・右目が人間に戻っている!

その目からは、涙が流れているのだった。

『鬼滅の刃』第195話の感想

第195話の見所は、激しい戦闘シーンです!

必死に戦う炭治郎は、無惨の身体に浮かび上がった古傷を目にします。

それは、数百年前に緑壱がつけた傷でした。

無惨を一瞬で切り刻み、さらにその傷はいつまでたっても回復しない・・・。

そんな緑壱を、無惨は〝本物の化け物〟と表現します。

確かに、人間の強さではありませんね。

生まれつき透明な世界を見ることができ、呼吸も使え、刀身を朱く染め上げることも出来た緑壱。

鬼殺隊の隊員たちが必死で努力して得た力を、生まれながらに持っていたのです。

無惨の傷を見ると、数百年前から鬼殺隊の仲間たちが築き上げた想いが今、炭治郎にも届いているような気がします。

そして、最後に現れたのは禰豆子。

禰豆子の変化が、1番の衝撃でした!

右目だけ人間に戻り、その目からは涙を流していたのです。

禰豆子の身にどんな変化があったのか・・・。

この変化が何かの鍵を握っている気がします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です