無料で読める漫画アプリおすすめ3選

鬼滅の刃【第197話】「執念」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『鬼滅の刃』の第197話についてネタバレ紹介!

また『鬼滅の刃』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『鬼滅の刃』第197話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」の最新話を完全に無料で読める漫画アプリについて調べたところありませんでした。

やはり人気の漫画だけあって無料で読み放題というわけにはいかないようです。

電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『鬼滅の刃』第197話のネタバレ

お前を殺すためにお前より強くなる必要はなく、お前を弱くすればいいだけのことだ。と、細胞として取り込まれた珠世は無惨に絡まりながら囁く。

生物としての無惨が生きるために手段を選ばないのと同じように、自分も、いや自分”たち”も無惨を殺すためには手段を選ばないのだと。

これまでの万全な状態の無惨であれば、柱たちの赫刀による渾身の斬撃でさえ無意味なもののはずだった。

たとえどんな鬼狩りであろうとも縁壱に比べれば劣っており、再生するための労力すら無惨にとっては蓄積されるものではなかった。

だが珠世の四つの薬によって、それらの無意味であったはずの攻撃の数々が十分な威力を持った攻撃として無惨を追い詰めていた。

短い期間で珠世がそれだけのものを作り出したのは無惨にとっても予想外で、しかもこれらは童磨に使用された薬とも異なっており、あらためて成分を分析して分解していくにしても時間が必要なものだった。

無惨が動きを止める。

その様子を見て珠世の薬の効果だと考えた炭治郎は、夜明けまでの時間も考慮して勝利の可能性を見出す。

しかし次の瞬間、まさに無惨に斬撃を加えようとしていた伊黒を巻き込んで、無惨の周囲に電撃のようなものが走る。

伊黒はもちろん、少し離れていた炭治郎も直撃し、その場に倒れる。

煙のようなものを体の周囲に漂わせる無惨。

炭治郎は地面に倒れ込んだまま、その衝撃波のようなものに混乱する。

痙攣が収まらず、息もできない。呼吸が止まり、このままでは無惨に逃げられてしまう。

現場を監視していた鎹鴉も殺され、離れた場所にいるはずの輝利哉とその妹たちも、札を通してなのか、ダメージを受けていた。

宇随と煉獄槇寿郎に介抱され、鼻と口から血を流しながらも輝利哉は指揮を続けようとする。

槇寿郎は無惨の攻撃がここまで及んだことに、この居場所を無惨に気取られていないか警戒する。

夜明けまであと二十五分。”目”が外れてしまったため、屋敷では現場の状況を把握できなくなっていた。

倒れ込んだ炭治郎は必死で息を整えようとするが、肺を潰されたのか、起き上がることができない。

このままでは無惨を逃がしてしまう。

その時、伊之助が一人で無惨の前に対峙する。

炭治郎は伊之助に危険を感じ無惨は同じ術を再び出そうとするが、それは不発に終わる。無惨にも疲労があらわれていた。

伊之助は自分を庇って怪我を負った柱たち、そして今は死体となってしまった一緒に飯を食った仲間たちを思って猪の目から涙を流す。

無惨に向かって、手も足も命も返せと伊之助は言う。それができないならば、百万回死んで償えと。

無惨が地面に腕を突き立てると、伊之助の足元から腕が伸び、開いた顎が伊之助を咥え込む。

炭治郎は伊之助を助けようとするが動くことができず、先に自分の意識が遠のいていく。

すると伊之助を咥え込んでいた無惨の腕が切り裂かれた。現れたのは善逸。

善逸は炭治郎の心音を聞き取り、炭治郎に生きることだけを考えろと言うのだった。

生きて禰豆子と共に生まれ育った家に帰れと。

伊之助と善逸の決死の抵抗がはじまる。

息が戻らない炭治郎は、血鬼術によって神経系が狂わされているならば日輪刀が効くのではないかと考え、急所を避けて自分の身体に刀を突き立てる。

疲労が蓄積する無惨の身体は、伊之助と善逸さえも容易には倒せなくなっていた。

そして再び立ち上がりはじめる柱たち。

何度潰しても起き上がってくる”虫”たちに、無惨の苛立ちはつのっていった。

 

『鬼滅の刃』第197話の感想

お互いボロボロになりながらの総力戦。壮絶です。

もはやどちらが最後まで息が続くのかという戦いになってきました。

伊之助と善逸の復活が嬉しいですね。

上弦の鬼や無惨相手の戦いだとやはり柱たちと炭治郎が中心になってしまい、善逸や伊之助あたりだとどうしても蚊帳の外になってしまう。

だからこそ、無惨が弱った今こそ互角に戦えるという展開も嬉しいマッチングです。

仲間を想う伊之助の男気も泣けます。あの瞬間、実は柱たちは伊之助たちを庇っていたというのもさりげなく素敵なエピソードです。

そして再び柱たちが立ち上がってきました。

始めからわかっていたことではありますが、まさに命を懸け死力を尽くした消耗戦。いよいよ戦いは佳境でしょうか。

最後の血の一滴でも残した方が勝ちとでもいうような戦い。見逃せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です