無料で読める漫画アプリおすすめ3選

約束のネバーランド【第129話】「背負うべきもの」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『約束のネバーランド』の第129話についてネタバレ紹介!

また『約束のネバーランド』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『約束のネバーランド』第129話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」は電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

『U-NEXT』では人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『約束のネバーランド』第129話のネタバレ

部屋で一人、レイとエマの顔を思い浮かべるノーマン。彼女たちの顔に迷いのようなものが生じるものの、ノーマンはザジをつれて、「地下」へと下りていく。

その地下では、シスロたちが待っている。「よぉ ボス」と言うシスロ。「捜したよ…」ノーマンはそう言いながら、地下室を見上げる。

そこには、ノーマンたち人間の何倍もの大きさの、鬼。

その鬼は、手足をつながれている。動きはない。様々な棒状のものが突き刺さり、見るも無残な格好。

「ここへ来るのは久しぶりだね」と言うノーマンに対し、シスロやバーバラは、ここは落ち着くからよく来るのだと言う。

そしてふと思い出したシスロは、ノーマンに対し、訪ねてきたレイとエマの話がどんな内容であったかを問う。

ノーマンは「色々」と前置きしたうえで、「一つは鬼を全滅させたくないって」

それを聞いて何かを思うシスロ。「やっぱり…」と言うバーバラ。

ヴィンセントは、冷たい表情をしながら、ボスはどうなのかと聞く。

しかしノーマンは、計画に変更はないと言う。

そして、”邪血の少女”が生きていた、とも。

「えっ ヤバくね!?」それを聞いて焦るバーバラ。しかし、ノーマンはそれについては考えがあり、自分に任せてほしいと。

”邪血の少女”はエマたちと面識がある。友達なのだ。

驚く一同。ヴィンセントは、それは都合が良くも悪くもあると言う。

バーバラは、それを聞いて思い当たる。鬼と友達だというエマに対して、怒りを隠しきれない。

鬼とはそんな優しいものではない。もっと凄惨なものだ……。

楽園から出荷され、鬼たちの実験体にされた日々。バーバラは自分の過去を思い出して頭を痛める。

頭が割れるというバーバラに、ヴィンセントとシスロが近寄る。シスロは、「いつもの発作だ」と言う。

「ここ数日で更に間隔が狭くなってきている…」とヴィンセント。「私達全員がだ」

薬は部屋にあるというバーバラに、ヴィンセントが自分の予備の薬を渡す。何錠ものそれを渡されたバーバラは一気に飲み込む。

ヴィンセントは、自分たちの飲む薬の量は増え、頻度だけではなく症状も悪化していると言う。我々には時間がないのかもしれない、と。

「ほらな…これが鬼なんだよ…」バーバラは頭を抱えながら叫ぶ。自分たちは物以下、家畜以下なのだと。「これが鬼にとっての食用生物(にんげん)なんだよ畜生…!!」

バーバラの叫びを聞いて、苦痛な顔をするザジ、ヴィンセント、シスロ。

鬼さえいなければ、というバーバラの涙に、その場にいた四人は黙り込む。

シスロは、ノーマンがいない間、エマとレイと話をした。

二人はいい奴で、夢見がちな甘い戯言には反吐が出るが、マジでいい奴らだった、と。だけど。

「ボスはこっち側だよな?」

シスロは冷たく問う。

「ボスはボスだよな? 迷ってなんかないよな?」

無言を貫くノーマン。皆を見てから、

「ここまでやったんだ 無論 後には退かないよ」

――2047年2月。Λを襲撃して研究データを強奪するノーマンたち。しかし入手したデータだけでは足りず、鬼が何を食べ、どう変異し、再生し退化しどう死ぬのか、そのデータが足りない。

そのデータを得るため、鬼たちを実験体にした……。

ノーマンに迷いはない。すべては自分で背負うべきこと。エマやレイは優しい、しかし優しさだけでは世界には勝てない。

現にノーマンが出荷を選ばなければ、エマたちの脱獄はあり得なかっただろう。

ノーマンは、エマたちもシスロたちも全員を救う。そのためには、神にでも悪魔にでもなる。それがノーマンの覚悟。

『約束のネバーランド』第129話の感想

ノーマンたちの過去が、ようやく少しずつ明らかになってきましたね。

そして、今回ノーマンたちが見上げていた鬼の姿は、とても考えさせられる光景でした。

今まで人間たちが苦しめられてきた、それへの反撃。しかしその姿は、あまりにも……。

バーバラたちの葛藤で、鬼に対してどうあるべきなのか、よりわからなくなってきました。

エマは鬼とも仲良くしたい。

でも、鬼によってつらい過去を植え付けられた人たちもいて、しかも、後遺症まで残って。

ノーマンの非情な決意は、胸が痛いです。エマたちと共にあってほしい。

でもそれはエマたちに寄り添っていたのでは実現できない。あの優しかったノーマン、優しいエマたちにできないことをするのも優しさなのでしょう。

ノーマンがこれから何をしていくのか、目が離せません。

『約束のネバーランド』第129話のネタバレと感想 まとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です