無料で読める漫画アプリおすすめ3選

約束のネバーランド【第135話】「捜索」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『約束のネバーランド』の第135話についてネタバレ紹介!

また『約束のネバーランド』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『約束のネバーランド』第135話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」は電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

『U-NEXT』では人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『約束のネバーランド』第135話のネタバレ

ドンとギルダを呼び出したノーマンは、二人にソンジュとムジカの捜索を依頼する。

ノーマンが言うには、ラートリー家や王家に先を越されてしまう前にソンジュとムジカを見つけ出し、保護して欲しいとのことだった。

エマの計画を実行するならば邪血の存在は不可欠になる。

しかしもしエマが帰還するより前にノーマンたちが王や貴族を全滅させてしまった場合、ソンジュとムジカがいなければ実行に移せない。

ノーマン自身はまだエマの計画に乗るべきか迷っているが、少なくともラートリー家や王家に先に捕まえられてしまえばソンジュとムジカが殺されるのは間違いない。

だからなるべく先に保護しておいて、話し合いで味方にできるならばそうしておきたいというのがノーマンの考えだった。

ムジカたちと旧知であるドンとギルダがいればそれも可能であると。

ノーマンに意見を述べようとしたギルダを制してドンが質問する。

ドンたちがムジカたちと行動を共にしたのはもう二年も前のこと。急に今から探そうにも手掛かりがなさすぎる。

するとノーマンは机に地図を広げる。

ノーマンたちは既にソンジュとムジカが通りそうな場所をリストアップしていたのだ。

チェックされている場所には、ドンたちがかつてムジカたちと出会った場所もあった。

他にも隠れて進むには都合の良い地形など、ムジカたちの行動を予測して、潜伏している可能性の高い場所が絞り込まれていた。

これまで追われる立場であったノーマンたちにとって、同じく追われる者の心理は予測しやすいものだった。

ノーマンは護衛を付けるという条件で、ドンとギルダにあらためてソンジュとムジカの捜索を頼むのだった。

ノーマンの部屋を出た後、ドンとギルダはノーマンの提案について話しはじめる。

ギルダはかつてノーマンがムジカを殺すつもりだったことを覚えており、ドンももちろんそのことをわかっている。

好意的に見ればノーマンが考えを変えたとも取れるが、やはりノーマンの心は変わっておらず、ソンジュとムジカを殺すつもりである可能性のほうが高いと二人は考える。

だが下手に聞いてもはぐらかされるか、逆にドンとギルダを外してムジカたちを探しはじめる可能性が高い。

ならば二人はムジカたちを守るために、その話に乗ることにする。

捜索の準備が整う。

ノーマンの言った護衛とはハヤトと、もう一人と三匹。犬を連れたアイシェだった。

アイシェは銃の名手で、連れている犬は探索の名手。

彼女には人間の言葉が通じず、ギルダは彼女もまたラムダなのかと思うが、ハヤトの説明によれば彼女はそうではなく、ノーマンたちが襲撃した禁制区域の森で鬼に飼われていた人間だった。

ノーマンによって救われた彼女は鬼の言葉を解し、鬼を憎んでいる。

ドンとギルダは彼女こそがソンジュとムジカを殺させるための刺客なのだと直感して、阻止することを決意する。

それは自分たちやムジカたち、エマやレイのためだけではなく、ノーマンのためでもあった。

ノーマンにこれ以上自分を殺させたくないというエマの願いを胸に、ドンとギルダは捜索に出発する。

一方で”七つの壁”に向かっている最中のレイは未ださまよい続け、外見は自身は大人になり、赤子となったエマを懐に抱えていた。

 

 

『約束のネバーランド』第135話の感想

優秀で完璧すぎるノーマンの狙いは、やはりドンとギルダを利用してソンジュとムジカを殺すことだろうと思います。

ノーマンのことなので、それをドンとギルダに読まれることもわからないはずはないと思いますが、それでも実行できる自信があるということでしょうか。

そのポイントとなるのは鬼に飼われていた少女・アイシェになります。

ノーマンの人選ですからドンとギルダを相手にしても十分使命を果たせる腕の持ち主だとは考えられますが、ドンとギルダもグレイス=フィールドではノーマンたちの次に優秀な子供だったので、ただではやらせないでしょう。

ソンジュもただの人間相手ならばまず負けるはずのない鬼です。その辺はノーマンにも秘策があるのかもしれませんが、楽しみですね。

そして空間だけでなく時間まで歪んでしまうらしい”七つの壁”の向こう側。

レイがどれくらいの年月を過ごしたのかもわかりませんが、”鬼の頂点”には出会えるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です