無料で読める漫画アプリおすすめ3選

約束のネバーランド【第139話】「鬼探し2」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『約束のネバーランド』の第139話についてネタバレ紹介!

また『約束のネバーランド』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『約束のネバーランド』第139話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」は電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

『U-NEXT』では人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『約束のネバーランド』第139話のネタバレ

ドンとギルダの密談に突然人間の言葉で入ってきたアイシェ。

全部聞かれたと戦慄するドンとは別に、ギルダはアイシェが人間の言葉を喋れることに疑問を持ち「どうして?」と訪ねた。

話は少し昔にさかのぼる。

ある鬼が、農園の職員として働いていた。

その鬼はいつも俯いていて冴えなかった。

彼は子供の頃から、半分が醜く膨れ上がっている自分の顔が嫌いだった。

ある時から突然顔の半分が形を失い、何を食べても元に戻らない。

周りからはまるで”野良”のようだと言われ、虐げられてきた。

彼にとってその顔は呪いで、だからある日、廃棄される食肉用の子供の中に顔の半分が痣になっているアイシェを見つけて、自分だと思ってしまった。

アイシェはその痣ゆえに”不揃い”として廃棄される予定だったが、魔が差した鬼はアイシェを盗んで家に連れ帰ってしまう。

廃棄とはいえ農園の所有物を盗むのは立派な罪である。

鬼は自らのしたことを後悔し、食ってしまうことも考えるが、健やかに眠るアイシェの顔を見て、犬だとでも思って育てることにする。

彼は元々町の外れに一人で住んでいたが、アイシェを連れてさらに森の奥へこもって暮らすようになる。

農園もやめた。

そして鬼は赤子を養うように食べ物を与え、服を着せ育てた。

アイシェを育てていくうちに彼の”呪い”は解け、二人は幸せに暮らしていた。

しかしある時、彼の家が襲撃される。

ノーマンの率いるラムダたちによってだった。

鬼は事前に異変を察知してアイシェを家の奥に隠していた。アイシェは鬼を”父さん”と呼んでいた。

鬼は殺され、しかし何も知らないノーマンたちはアイシェを鬼に飼われていた可哀想な人間の子供と思っていた。

アイシェは涙を流しながら鬼の言葉でノーマンたちを殺してやると罵ったが、ノーマンたちには人の言葉を解さない子供が怯えているようにしか見えていなかった。

そして現在。

アイシェはギルダの「どうして?」という問いに答える。

アイシェの答えは「”嫌い”だから」。

その鬼も確かに人肉を食べる鬼だったが、アイシェにとっては父親だった。

アイシェに言葉も世界も教えてくれたかけがえのない家族だった。

だから彼を殺したノーマンたちはアイシェにとっては仇だった。

大嫌いだから口も利かず、無知なふりをしていた。

今度はアイシェがドンとギルダに問う。

なぜ二人は邪血を殺さずに逃がそうとしているのか。

他の人間とは違う二人の行動にアイシェは疑問を持っていた。

ドンは自分達もそれほど他の人間と違うわけではないと答える。

だがソンジュとムジカは恩人であり友達で、エマの考えに全部賛成なわけではないが、自分たちもできるならば鬼を絶滅させたくないのだと。

そしてギルダがアイシェに与えられた命令について尋ねると、アイシェはムジカたちを殺す命令は受けていないという。

それを聞いて二人は、少なくともノーマンにすぐにムジカたちを殺すつもりはないと考えて安心する。

しかし一方で、ハヤトは別の場所でジンたちと落ち合っていた。

ジンはアダムのような大柄の人間を複数連れて一行に密かについてきていたのだ。

ジンとハヤトは情報を交換しながら言う。ボスの命令通り、邪血は見つけ次第殺すと。

『約束のネバーランド』第139話の感想

アイシェに見つかってしまいピンチと思っていた前回でしたが、なんとアイシェが鬼の味方だったとは驚きましたね。

鬼の味方と言うと語弊がありますが、少なくとも鬼全部が敵とは思っていない。そしてノーマンたちを激しく恨んでいる。

これまでの印象とは正反対です。

今回話の中心となった鬼のように、人間と大して変わらない感情を持つ鬼がいたのも驚きです。

これまでもムジカたちを筆頭に人間とほとんど変わらないような描写はありましたが、醜いゆえにいじめられたり、人間と普通に心を通わせることもあるのだなあと。

そうしたことはエマの思想性とも繋がっていきますね。

そしてアイシェがどうソンジュと戦うのかと思っていましたが、アイシェにソンジュたちを殺す命令は与えられておらず、しかしより強力な追撃が組織されていたとは。

感情を殺したようなハヤトのスパイっぷりも怖いですが、ムジカたちがどう凌ぐのかも気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です