無料で読める漫画アプリおすすめ3選

約束のネバーランド【第140話】「来たよ!」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『約束のネバーランド』の第140話についてネタバレ紹介!

また『約束のネバーランド』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『約束のネバーランド』第140話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」は電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

『U-NEXT』では人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『約束のネバーランド』第140話のネタバレ

そこはバイヨン領。

汽車に鬼たちが乗り込んでいる。

その鬼たちを従えているのは、小さな鬼の手を引く女の鬼だ。

彼女は現バイヨン家当主の妻で、この領土を仕切る貴族。

子ども鬼を連れて彼女が向かうのは・・・王都。

五摂家が治める領土では、貴族たちが動き始めている。

イヴェルク領、ノウム領、プボ領、ドッサ領・・・。

彼らが王都を目指す理由は、儀祭に参加するためだ。

今日は11月7日。

儀祭は3日後に迫っている。

儀祭の準備が整い、五摂家の家族が王都に向かって出発した報告をする鬼。

鬼を統べる鬼への御膳も問題ないと、イヴェルク公は部下から報告を受けた。

そんな王都の城内で、プボ卿が走り回っている。

彼は、ドッサ卿を探しているのだ。

プボ卿に、ドッサ卿は遊び回っていると話すノウム卿。

ドッサ卿を憎んでいるノウム卿は、不機嫌そうに悪口を言い始める。

バイヨン卿もノウム卿と同じ意見だが、儀祭が終わるまでの辛抱と話すのだった。

しかし・・・バイヨン卿は本音を漏らす。

彼はドッサ卿を認めておらず、貴族落ちしたギーランの方が優れていたと言うのだ。

幼い頃、ギーランに出会ったバイヨン卿。

ギーランは知的で美しく清廉であり、民のことを真に考える貴族であった。

そのギーランが野良鬼に落ちるなど・・・。

バイヨン卿は納得していない。

ギーランについて語るバイヨン卿を、プボ卿とノウム卿は黙って見つめる。

そんな彼らがいる王都を、森の中から見ている影・・・。

それは、復讐に燃えるギーランだ・・・・!!

鬼たちが動き始めている頃、エマとレイは立方体の部屋にいた。

2人の目の前には、四次元超立方体が浮かんでいる。

その中に、球体の黒い穴が入っているのだ。

どの角度から見ても球体に見える不思議な穴・・・。

どこかへ繋がっていることは分かるが、レイの頭ではそれが理解できない。

ブラックホールか・・・ワームホールか・・・危険はあるのか?ないのか・・・!?

思考を巡らせるレイだが・・・考えるのをやめる。
エマとともに、球体に入ることを決めたのだ。

疑うのも恐れるのもやめて、先に進むしかない・・・!

2人は手を繋ぎ、信じて球体に手を伸ばした。

・・・ドサッ・・・!!

音を立てて床に倒れるレイ。

そこはどこかも分からず、エマの姿が消えている。

動揺するレイが周囲を見渡すと・・・何者かがレイの名前を呼んだ。

振り向いたレイの前にいたのは・・・アンナにトーマ、ラニオン・・・?

ノーマンのアジトに残っていた仲間たちだ!!

ラニオンに触れ、それが幻覚ではないと確かめるレイ。

レイは正真正銘、本物のアジトに帰ってきていたのだ。

困惑するレイは今日が何年の何月何日かを尋ね、エマを探すのだった。

一方エマは・・・。

不思議な空間に立っている。

足元には夜が広がり、上空には昼が広がる。
まさに、昼と夜の世界。

そこに、クヴィティダラの竜が現れた!!

エマに近づいてくる竜の真下には・・・鬼の姿!!?

鬼は近づいて来るにつれ、どんどん小さくなっていく。

エマの前までくると・・・子どもの姿になった。

彼こそ鬼を統べる鬼、鬼の長だったのだ。

レイは思考と現実を、切り離しきれなかったから返したと話す鬼の長。

彼は、エマがここに来た理由を尋ねる。

エマの願いは、全食幼児の解放。

しかも鬼を殺さずにそれを実行し、ノーマンの暴走を止めること!

その願いを叶えるため、エマは〝約束〟を結び直しに来たと話しを切り出した。

 

『約束のネバーランド』第140話の感想

鬼の王都では儀祭の準備が進んでいるようです。

そんな王都を襲撃するため、見つめているギーラン。

バイヨンの話によると、ギーランは素晴らしい人格者であったようです。

民のことを考える優秀な貴族が、何故復讐心を燃やすようになったのか・・・?

バイヨンのドッサより良かったという発言から、ドッサが何かを企てたのでしょう。

ギーランはドッサに復讐しようとしているのかもしれません。

驚きだったのは、あのギーランが女性であったこと。

今のギーランはどう見ても中年おやじです。

一方のエマは、ついに七つの壁に辿り着きました。

現れたのは、自分の年齢を自在に操れる鬼。

鬼にとって神様のような存在です。

人間は食べるようなので、普通の鬼と変わらないのでしょうか!?

ただ、儀祭の時だけ食事をするのであれば、やはり鬼を超越した存在であることは間違いありません。

エマは無事に、約束を結びなおせるのでしょうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です