無料で読める漫画アプリおすすめ3選

約束のネバーランド【第145話】「それぞれの」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画『約束のネバーランド』の第145話についてネタバレ紹介!

また『約束のネバーランド』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『約束のネバーランド』第145話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」は電子書籍・VODサイトの『U-NEXT』であれば31日無料登録時に600Pもらえるので、それで単行一冊(600P以下)を読むことができます。

U-NEXT

 

『U-NEXT』では人気の漫画も無料トライアルに申し込むだけで1冊無料(600P以下)に。漫画だけではなく動画アニメ・ドラマ・映画も見放題です。

 

人気の漫画無料

今すぐU-NEXTを無料トライアル

 

31日の無料期間で解約しても違約金などありません。

 

『約束のネバーランド』第145話のネタバレ

ノーマンを止めるため、王都へ向かうエマとレイ。

時を同じくして、ドンとギルダはムジカと共に王都を目指す。

レイはノーマンの計画を止めるためのデットラインを設定。

それは・・・ノーマンたちが王と貴族を殺し尽くすまでだ。

レイはノーマンの計画を頭から阻止するのが、時間的に難しいと分かっているのだった。

さらに、鬼たちの政治の中枢を失うことのリスクは、食幼児たちにもある。

なぜなら、交渉ができなくなるからだ。

和平の道を目指すエマは、鬼の王と交渉する必要が出てくる。

しかし、ノーマンはその王と貴族を殺すつもり・・・。

儀祭という機会を狙ったのが、何よりの証拠である。

最悪、王と貴族の殲滅だけは阻止したい・・・。

レイはそう話すのだった。

レイの話を聞き、最悪の事態を想像するエマ。

それは鬼が互いに殺し合い、混沌とした世界が広がること・・・。

冷や汗を流すエマは、王都までの時間を尋ねる。

普通に行けば5日、最速で行けば3日・・・。

そうレイは答えた。

しかし、巨王は11月7日の午後。

儀祭は11月10日のため、もう2日半しか時間が残されていない。

どれだけ急いでも、ノーマンの作戦が終わっている可能性がある・・・。

間に合ったとしても、戦火の中に突っ込むことになるとリスクが増大するのだ。

この状況に黙り込むレイとエマ。

その時、誰かが2人の名前を呼ぶ。

そこに現れたのは・・・オリバーを先頭にし、馬に乗った仲間達!!

オリバーはエマを馬に乗せ、アジトを出発した。

エマたちが七つの壁に行っている間、乗馬のトレーニングをしていた仲間たち。

これでノーマンの計画を阻止できる。

移動するエマの視界入ったのは、一緒に移動するジリアンの姿。

ジリアンは〝鬼を殺したくない〟というエマの考えに否定的で、鬼を憎んでいた。

その考えは今でも変わらないジリアンだが・・・。

鬼を憎む気持ち以上に、友達やエマを助けたい!

そう話すのだった。

心を一つにした仲間たち。

ノーマンを止めるため、オリバーはエマとレイを王都に送り届けると誓う。

一方、ノーマンは既に動き出していた。

王都に到着し、報告を受けるノーマン。

ここまでは全て計画通りに進んでいる。

後は決戦の時を待つだけだ・・・。

しかし、そんなノーマンの計画に違和感を覚えるのは・・・アジトに残る仲間たち。

ノーマンが計画の実行に焦り過ぎているという話題が出たのだ。

その理由は・・・Λ(ラムダ)の発作にあった。

作戦決行の前夜、ノーマンは薬について仲間に確認する。

準備を整えたシスロは、ノーマンに感謝の言葉を口にした。

ヴェインセント・・・バーバラ・・・。

Λの食幼児たちは、皆ノーマンに感謝しているのだ。

長くは生きられない自分たちが、ノーマンの未来を切り開くために自分の身を捧げることができる。

そのことを、シスロは心から喜んでいる。

そんなシスロに、無血で勝利すると宣言するノーマン。

ノーマンもΛの仲間を失いたくはないのだ。

全員で鬼のいない世界を見る・・・!

1000年の苦しみを終わらせると、ノーマンは仲間たちを鼓舞した。

仲間たちの元を離れ、ノーマンは1人で空を見上げている。

決戦は明日・・・。

ノーマンは今、エマとレイのことを考えているのだ。

一緒に生きようと手を伸ばしてくれた2人・・・。

その時、突然ノーマンは苦しみ始める。

咳込み・・・血を吐くノーマン・・・。

ごめんね・・・。

自信の状態を知るノーマンは・・・エマとレイに謝るのだった。

その日は11月10日。

儀祭の当日だ。

全ての準備が整い、王女は鬼の長に食幼児を献上する。

活気に沸く王都・・・。

その王都で・・・大爆発が起きた!!

『約束のネバーランド』第145話の感想

遂にノーマンの計画が実行されました!

エマたちは、作戦の開始前には王都にいなかったということです。

7月10日の明朝には間に合わなかったということでしょう。

ここからノーマンが計画を進めていくとなると、阻止する難易度は格段に上がります。

エマとレイがどういった行動を取るのか・・・楽しみですね!

この145話で最も注目すべきは、ノーマンの身体異常だと思います。

Λ出身のヴィンセントやシスロ、バーバラたちは、ノーマンの異常に気付いていません。

後遺症によって短命になるかわりに、特殊な力を得たΛの食幼児たち。

その実験は、ノーマンでも行われていたようです。

ノーマンが計画を急ぐ理由は、自分自身の命が短いと分かっていたからでしたね・・・。

エマとレイのために、鬼のいない世界を創りたい・・・。

ノーマンの苦悩や葛藤が描かれたシーンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です